FAQs

人事

法律の規定によらず、本人の意に反して退職させたり、異動人事で著しく不利な扱いや差別をするものを、不当人事といいます。

県教組で取り上げた人事問題としては、

  1. 病気で休職中に、校長から退職を勧められ、承認してしまった。

  2. 本人の希望をまったく無視し、校長が一方的に異動を決めた。

  3. 高速道路を使わなければ通勤できない遠隔地への異動を強要された。

などの例があります。

不当な人事や人事に関わるパワハラが毎年報告されます。

県教組では11月頃「異動人事に関する希望調査」「人事相談カード」を配布し、委任と相談を受けつけています。
それ以外でも法制部ではいつでも相談を受け付けていますので、ご連絡ください。

県教組法制部 TEL:026-235-3700 E-mail:housei@ntu-net.com

 

【参考】

人事は、教職員としての誇りや意欲、勤務条件や生活条件に深く関わるものですから、本人が抱える事情が十分に考慮され、希望が生かされる必要があります。本人の希望と納得に基づくものであることが人事の大原則です。

2011年度に県教委は、人事異動方針の大幅改悪を強行しました。「在職期間中に3ブロックを経験するものとする」「在職期間中、必ず山間地校に勤務する」「いっこうにおける在任期間は、原則8年を限度とする」など、これまで県教委が「ない」としてきた「校長会の内規」を明文化したものです。

県教組はその後の折衝や交渉の中で、

  1. 新たな人事方針はあくまで原則であり、原則によらず個々の事情に配慮した異動もありうる。
  2. 介護、病気、結婚など個別の事情に配慮する。
  3. 別居生活となるような人事については、そういうことがないように配慮する。
  4. 高速道路利用を前提とした広域人事はしない。
  5. 1月下旬から2月初旬にかけて、必要な中間報告を行う。

(2011年度独自確定交渉)

などの確認を押しています。

また、「人事は秘密」ということが言われ、だれにも相談できずに不本意な人事を承諾してしまったという事例が毎年報告されています。子どもたちや保護者への影響に配慮することは必要ですが、同僚や組合にも相談してはいけないということではありません。

一人で悩まず、早めの相談を同僚や組合にしてください。

Posted in: 質問一覧

TEL 026-235-3700 〒380-0846 長野県長野市旭町1098 長野県教育会館2F

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 長野県教職員組合 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.