人事異動は、教職員にとって教育に専念するための大切な勤務条件、生活条件であり、働く意欲にもかかわる重要な問題です。異動によって本人も生きいきと勤務でき、教育活動や学校運営にプラスになるものでなければなりません。また、教職員が家庭的・社会的な役割と責任を果たすためにも、「本人の希望と納得」を大原則とした人事が行われることが大切です。人事異動の時期を迎えるにあたり、知っておきたいこと、困ったときの相談方法などを特集しました。組合員のページ(見解・主張・討議資料)をご覧ください。