文科省は9月9日、中央教育審議会が出した「次期学習指導要領に向けたこれまでの審議のまとめ」に関するパブリックコメント(意見公募)を始めました。「審議のまとめ」の内容は、さまざまな心配があります。このまま次期学習指導要領が決定されれば、子どもたちの教育格差の拡大や自己肯定感の喪失、教職員の勤務のブラック化などますます深刻になる危険があります。そこで教職員はもちろん、保護者や地域の方などさまざまな立場のみなさんから、意見反映が重要です。大勢のみなさんにパブリックコメントを送付するとりくみをお願いします。

詳細は、こちら→パブコメ