文科省は9月9日、中央教育審議会が出した「次期学習指導要領に向けたこれまでの審議のまとめ」に関するパブリックコメント(意見公募)を始めました。「審議のまとめ」の内容は、さまざまな問題があります。このまま次期学習指導要領が決定されれば、教育格差の拡大と自己肯定感の喪失、教職員の勤務のブラック化がさらに深刻化するでしょう。現場の意見反映が重要です。つきましてはパブリックコメントを送付するとりくみをお願いします。詳細は組合員のページをご覧下さい。