今年の7月から8月、各地の教育委員会は、来年度から使う中学校の教科書を選びます。そのための教科書展示会が開催されますが、中には史実をゆがめ、アジア・太平洋戦争を美化したり、憲法は押しつけられたものと説明したり、また平和主義の尊さよりも「国防の意義」や「有事への備え」を強調したりする2社の社会科教科書(「歴史」「公民」)も含まれています。私たちは、史実をゆがめる教科書を、子どもたちには渡せません。
 

◆ みなさんにお願いしたいこと ◆

○教科書展示会に出向き、アンケートに書き入れて下さい。
 教科書展示会の日程や会場はこちら→教科書展示会場一覧

○地元の教育長や教育委員に、手紙を書いたり申し入れをしたりして下さい。

○学習会を開いて下さい。資料や講師派遣を準備します。

○教育委員会を傍聴して下さい。
 

◆ 「開かれた教科書採択を」リーフレット ◆
平和フォーラム作成のリーフレットのデータはこちら→「開かれた教科書採択を」リーフ