5月14日、安倍政権は、集団的自衛権行使を容認し、自衛隊の海外派兵を際限なく可能とする「戦争法案」を閣議決定しました。これは、「恒久平和主義」という日本国憲法の大原則を否定する重大な誤りをふくむ決定です。長野県教組は、日本を「戦争する国」に転換する「戦争法案」の閣議決定に対して、抗議声明を発表しました。
声明→戦争法案閣議決定抗議声明