昨年、いじめ防止に関する法律が制定されたのを受け、各学校ごとに防止マニュアルが策定され、この年度末には基本計画を策定する準備が進められています。いじめへの対応が困難である理由は、それが決して突発的なものではなく、第三者が認識しにくい状況の中で、原因や人間関係、事態が進行していくことにあります。生徒指導担当者やHR担任の方、また、この問題に関心のある先生方、ふるってご参加下さい。

詳しくはこちら→生活指導全県研究会チラシ